目をしっかり覚ますことによって自然と朝勃ちはおさまります。

朝勃ちを早くおさめる方法

目覚めたばかりで頭がボーっとするのに、朝勃ちする股間は痛いぐらい張りつめていることもあるはずです。

 

独身男性はさほど気にしないと思いますが、思春期の学生は恥ずかしい思いをしている人も居ます。自宅でならともかく、修学旅行や友達の家での泊りでは、朝勃ちを見られたくないと感じる場合があるでしょう。

 

そんな朝勃ちをなるべく早くおさめる方法を紹介します。

何よりも有効なのはしっかりを目を覚まさせて、頭を覚醒させることです。
しっかりと目覚めていない状態だとレム睡眠の効果が残っており、朝勃ちがなかなか収まりません。自律神経を切り替えるためにも、ちゃんと目覚めるのが大切です。

 

よくトイレに行くと朝勃ちがおさまると言う方法を聞きますが、これは目覚めた証拠なのです。
トイレに行ったからおさまるのではなく、トイレに行くまでの間に眠りから覚醒しているのです。

 

なので、朝勃ちをおさえたいと思っている人は、上半身を起こしたり頬っぺたを軽く叩いたりすると良いでしょう。
眠りを覚ます方法は人それぞれですが、まずは体を起こして動かすのが最適です。

 

また、他の方法として太ももやふくらはぎの筋肉に力を入れるのも効果があります。
筋肉が緊張することにより、交感神経が活発になります。
そうなると自律神経の働きがおさえられるので、自然と朝勃ちの症状も緩和されていきます。

 

頭の中で何かを考えるのも良いでしょう。
いろいろ考えることによって自然と目がさえてきますので、いつの間にか朝勃ちもおさまっています。もし、周囲に誰もいないなら自慰ですっきりすると言う手段もあります。

 

この辺りは人によって効果が違うようなので、自分なりの方法を探してみるようにしましょう。

 

目覚まし時計

そもそも、朝勃ちは健康的な証拠なので無理におさめる必要はないのです。ですが、状況によってはおさめなければいけない状況も出て来るでしょう。

 

とにもかくにも、まずは目を覚まして覚醒するのを優先させてみてください。朝勃ちがすんなりおさまることを祈っています。