朝勃ちは一種の男性特有の生理現象であるということを理解しましょう。

メカニズム

なぜ朝勃ちするのか、そのメカニズムを紹介したいと思います。
女性の人はこの朝勃ちに対する理解が無く、朝からいやらしいと非難してしまいがちです。

 

興奮していないのに勃起してしまうことを恥ずかしいと考えている人も居ますが、
それは大きな間違いです。

 

朝勃ちするのは健康の証であり、当たり前の自然現象なのです。

 

 

そもそも朝勃ちしない方が問題なのを知っておいてください。

朝勃ちと呼ばれるものの、実は夜にも勃起しているのを知っているでしょうか?
この朝勃ちは睡眠中にも起こっているのです。

 

睡眠には、浅い眠りにレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。
寝ている時にレム睡眠とノンレム睡眠を一定の周期で繰り返すのですが、
レム睡眠になっている時は高確率で勃起しているのです。

 

これは海綿体に新鮮な血液を送り、また勃起力が衰えないようにするメンテナンスの意味があります。使わない筋肉が衰えて行くように、勃起しないと勃起力は衰えてしまうのです。
そのため、寝ている際に自然と勃起するようになっているのです。
生殖機能を維持するには必要不可欠な生理現象なのです。

 

ちなみに、一晩に平均で6回程度の勃起があるようです。

 

睡眠時間により回数は変動しますが、寝ていて気付かないだけで何度も勃起しています。

 

この朝勃ちが1週間確認できないと、勃起力に支障が出ている可能性を疑いましょう。
レム睡眠の時に起きなければ朝勃ちは確認できないので、勃起していないからと言ってすぐに慌てる必要はありません。

 

 

朝勃ちは自然な生理現象です。

健康な男性

尿が溜まっているのが原因とする説もありましたが、それは間違いです。生殖機能をメンテナンスするために必要なものです。恥ずかしいことはありません。
むしろ健康の証だと誇らしく思うべきです。

 

もし、知らない人が居たら教えてあげましょう。
誤解による勘違いは解消しておく方が、楽しい生活を送れるようになります。
早速、明日目覚めた時に朝勃ちを確認してみてはいかがでしょうか?

 

朝勃ちを早くおさめる方法とは?