朝勃ちが無くなった時は焦らず原因を探しましょう。

朝勃ちしなくなる原因

 

原因を探る男性

中学生や高校生だった10代や思春期など若い若い時代には、朝目覚めるとチンコが激しく勃起しており、おしっこをするのにとても排せつしずらい状況になったのを覚えていますよね。

 

この朝勃ちは男性の健康や機能の状態を測るバロメータであり、これが起こらないことは自信の男性機能の低下や男性ホルモンの低下を疑うことが必要になってきます。

 

男性も長く生きているとこの毎朝排尿に困った朝勃ちがある日突然起こらなったという日が来るものです。

 

また中学生や高校生のころは、朝勃ちはとても激しく自分でもサイズアップしていることがわかり、勃起が痛いくらい痛烈に感じられました。
しかしこの激しい勃起も徐々に抑えられてきて、サイズも小さくなってきているのではないかと感じることがあります。

 

朝勃ちがなくなったときその原因として考えるられるものに以下のようなものがあります。

 

精力ダウン

朝勃ちは健康のバロメータでもあり、成長ホルモンや男性ホルモンの低下を如実に伝えてくれます。疲れていたり、精子の量が減少していたりすると、勃起が少なくなります。
食事のバランスに気をつけて、睡眠をよくとるようにしましょう。

 

夜間陰茎勃起現象のズレ

夜眠っているときの勃起は、正確には女性の裸を見て勃起するメカニズムとは異なっており、レム睡眠中に勃起が起こり、レム睡眠から覚醒に至ったときに結果的に勃起していたということなのです。
このメカニズムにズレがあるということで必ずしも精力の減退という風に決めつけるのはよくありません。

 

EDの兆候

夜間陰茎勃起減少であれば毎日朝勃ちがないということはありません。1週間の内に5日以上も朝勃ちがない場合は、EDの兆候を疑ったほうがいいでしょう。
糖尿病や高血圧、自律神経機能の低下なども勃起不全を引き起こす要因であるといわれています。