食生活の改善や禁煙・禁酒で勃起のしやすい身体作りをしましょう。

朝勃ちが弱まってきたら・・・

朝勃ちが弱まってきたり、勃起力が足りないと感じることはありませんか?
年齢による精力の減退だと諦めるのは早いですし、病気だと考えるのは早とちりになります。

 

まずは誰でも出来る食生活の改善から始めてみましょう。

 

勃起に必要な栄養として、代表的なのが亜鉛です。
亜鉛は前立腺に多く含まれており、男性ホルモンに強く影響を及ぼします。
他にも精子量や精力の強さ、勃起時の硬度にも関係してきます。

亜鉛が含まれる食品として牡蠣があります。
フライにしても生でも良いので、ランチや夕食に食べてみると良いでしょう。

 

 

他にもアルギニンという成分があります。
このアルギニンはアミノ酸の一種で、男性ホルモンを増加させる効果があります。

かつお節やゴマ、アーモンドなどに多く含まれています。
豚ロースや牛ひき肉でも摂取できるので意識して摂取してみてください。

 

 

また、カリウムが豊富なアボカドやアンドロステロンが含まれるセロリも有効です。
バナナやチョコレートも精力回復に役立ちます。

 

とは言え、これらの食品のどれかを過剰に摂取すれば良いと言う訳ではありません。
ある程度バランスの良い食生活をするのが大切です。

 

 

さらに、喫煙と飲酒を行っている人は禁煙や禁酒を試みるのも良いでしょう。

禁煙

喫煙すると血管を縮小させ、血流を悪くする効果があります。勃起力は海綿体に流れ込む血液が重要なので、血流を悪くする喫煙は止める方が良いです。

 

お酒の飲み過ぎは性的な興奮を減退させ、男性ホルモンの生産を少なくします。ほどほどに控えるだけでも朝勃ちの元気が回復する可能性があります。

 

高齢でも食生活を整え、喫煙と飲酒を控えることで健康的な朝勃ちが手に入るかもしれません。

 

朝勃ちの勃起力が弱いと感じたら精力が減退している確率が高いです。
健康に問題が出ていることも考えられるので、しっかりと対処していきましょう。
常に心掛けていれば健康的に朝勃ちして、快適な性生活を送れるようになります。

 

勃起力は男性としての尊厳に関わるので大切に管理しましょう。

 

朝勃ちのメカニズムとは?