朝勃ちをするということは健康であることのひとつの指標です。

朝立ちと勢力の関係とは?!

 

朝勃ち、それは男性なら誰もが経験したことがある生理現象でしょう。
エッチな気持ちとは関係なく勃起する現象に、どのような意味があるか知っているでしょうか?
健康にも関わることなので知らない人は覚えておきましょう。

 

実は、朝勃ちは勃起力のメンテナンスに関係しているのです。

定期的に海綿体へ血液を送ることで、健康を保っていると言えます。
つまり、朝勃ちがまったく無くなると勃起力のメンテナンスが行われないため、力強さを失ってしまいます。
そのため朝勃ちが無くなるのと、勃起不全であるEDは密接な関係にあります。
もし朝勃ちをしなくなってきたら勃起力の減退を意味しているので、食生活の改善や病院へ行くのを視野に入れましょう。

 

朝勃ちは健康な男性なら誰もが経験しますが、疲労している時は別です。

 

何日か朝勃ちしなかったからと言って、精力の減退を気にする必要はありません。
過剰に反応しないようにしておきましょう。
自覚をしていないだけでしっかりと朝勃ちしているケースもあるので、よく確認するのが大切です。自律神経が乱れている時も影響するので覚えておきましょう。

朝勃ち体調の関係

 

 

また、この朝勃ちはレム睡眠時に起こるのです。

睡眠

レム睡眠とは、睡眠が浅い状態のことです。
このレム睡眠は一晩で何回か繰り返すため、気づかないだけで夜中に勃起しています。

 

寝ている時、気づかない内に勃起力はメンテナンスされているのです。

 

 

このように朝勃ちにはメンテナンスの役割があり、当たり前の生理現象です。
もし朝勃ちしなくなってきた場合は、根本的な部分で勃起力が衰えている可能性があります。

 

 

30代までなら過度のストレスや疲労により精力が弱まっているかもしれません。

これは休養を取ったり、ストレスの原因を取り除いたりすれば、精力は回復するので重たい問題は無いでしょう。

 

40代以降で朝勃ちしなくなってくるのは年齢による勢力の衰えが考えられます。

男性ホルモンの分泌量が減っているために起こる現象なので、食生活で多少は回復が見込めます。
しかし、寄る年波には勝てないので、ある程度は受け入れるようにしましょう。
精力剤などによる増強を出来ないことは無いので、気になる人は利用をおすすめします。

 

 

1週間、一度も朝勃ちを確認できない時は要注意です。

ただし、たまたま起きるタイミングで確認できないだけの可能性もあります。
その場合は、眠っている間にしっかりと勃起していることもあるので、まずはそれを確かめましょう。

 

寝る前にティッシュで作ってヒモなどを巻いておき、朝起きた時に千切れていれば夜に勃起している証拠となります。


他の物でも代用できるので試してみると良いでしょう。

 

 

精力が弱くなった、勃起力が弱くなった、と感じたら生活習慣を見直して下さい。

バランスの良い食事

 

疲労とストレスを取り除き、亜鉛やアミノ酸を摂取するだけで劇的に変わる場合もあります。

 

サプリメントを活用するのも良いですが、健康的な食生活を行う方が効果的でしょう。

 

 

精力に関係する栄養だけを摂取しても、それを体内に取り込む栄養素が不足していれば意味がありません。バランスの良い生活を心掛けましょう。

弱まった時の対処方

 

いざという時には精力剤がおすすめです。
精力剤といっても様々な種類があるため、事前に口コミをチェックして購入することをおすすめします。
精力剤【目的別】勃起力・増大・持続力で選ぶ50アイテムから、自分に合ったものを選びましょう。

 

 

勃起不全に悩む人も、この朝勃ちを1つの判断基準にしてみてください。

朝勃ちするのに性行為の時に萎えてしまうのは、心因的な問題が関係しています。
仮に朝勃ちすらしていないなら、それは身体に問題があると分かります。
原因が分かれば治療方法も自然と絞られてきますので、効果的な治療ができるようになるでしょう。

 

 

当たり前のようにある朝勃ちには、こうした意味があったのです。

  • 勃起力のメンテナンスに精力の減退
  • 男性ホルモンの減少

これらを知るきっかけになります。
朝勃ちの重要性を知っておくことが健康に繋がるので覚えておきましょう。